四十肩・五十肩・腱板炎

  • 腕を上げると肩に激痛がはしる
  • 腕を後ろに回すことができない
  • 朝起きたら、急に肩が痛くなってしまった
  • 肩から二の腕にかけ痛くてだるい
  • 腕を回すと関節の音がする

肩の痛みが辛く耐えられない、毎日の生活が不調の為に憂鬱だった方へ

長い間、肩を動かすのが困難だったお客様が

「まるで油をさしたように動かせるようになった!」と感激された肩専門の施術を体感してみませんか?

なぜ四十肩、五十肩になるの? | 神戸市垂水区 情熱鍼灸整骨院

姿勢の悪い人・良い人四十肩・五十肩は、原因がはっきりとした分かっているわけではないのですが、年齢とともに肩の関節や筋肉が固くなるといった変化が関係していると言われています。
更に、普段の生活で同じような動きしかしていないことや姿勢の悪さが関係しています。
デスクワークだったり、パソコン作業だったり、肩を回したり、腕を上げるといった肩や腕全体を使う動きをすることが少なくなったため、使っていない筋肉が硬くなってしまいます。

そのため、何かの拍子に普段あまりしない動きをしようとした時に痛みが出てしまうことになります。
四十肩・五十肩を発症しやすい人に見られる傾向としては、スポーツを若い頃にしていて肩を使いすぎたとか、猫背といったことがあげられます。
また、普段から寝不足の状態が続いていたり、偏食であることも関係しているといわれています。

さらに、筋膜という膜で全身の筋肉は繋がっており、肩の動きは背中などとも連絡していますので、下半身ともつながりがあります。
また、姿勢が悪かったり、猫背だったりすると筋肉が引っ張られて肩の動きが限定されてしまいます。
そのため、四十肩・五十肩の治療には、全身のバランスを見ながら骨格を調整していく治療が必要になってきます。

体の骨組をきちんとあるべき場所に整えていきながら、緊張によって固くなった筋肉をほぐして調節していくので、肩こりや四十肩・五十肩で来られるだいたいの方には、まずは5回の通院をおすすめしております。

四十肩・五十肩は通称です| 神戸市垂水区 情熱鍼灸整骨院

四十肩・五十肩は名前の通り、40代の方から60代の方がなられることの多い不調で、正式な名前は「肩関節周囲炎」と言います。

「肩関節周囲炎」は主に2つに分類されます。

1つは強く肩をぶつけたり、重いものを持ったりすることが引き金になり、『腱板』と言われている両肩にある「肩甲骨」と肩から肘までの管状骨の「上腕骨」をつなぎ合わせる(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)で成り立つ筋肉の腱に炎症が起こっていしまい、ある時唐突に腕が上がらないと自覚し肩・腕の痛みがでる腱板炎

そしてもう一つに上腕二頭筋長頭腱炎があります。これは、よく耳にする機会のある、「力こぶ」と言われる部分の筋肉の『上腕二頭筋』を形成している筋肉に長頭筋・短頭筋に、強い力を使ったり、何度も肩や肘を使う動きを繰り返すことで、そのなかの長頭筋に負担がかかって炎症を起こし、肩を動かすと痛みが出たり、押すと痛いなどの不調のことをいいます。

その他にも夜に突如痛みが生じて肩が動かせなくなるなどの不調が出てきて、治療がとても難しい石灰沈着性腱板炎もあります。

 

オリジナル肩関節矯正法で四十肩・五十肩を治療!| 神戸市垂水区 情熱鍼灸整骨院

 神戸市垂水区 情熱鍼灸整骨院神戸垂水院は他の治療院よりも四十肩・五十肩を得意としています。その理由は 神戸市垂水区 情熱鍼灸整骨院ならではのオリジナル肩関節矯正法で施術を行っているからです。

肩部に緊張やストレスがかからない場所から、見ただけでは認識できない肩関節の内部にあるきわめて小さなずれやゆがみを即座に矯正をして体を正しい位置に整え、肩の関節が不自由なく動かせるように体に覚え込ませます。

石灰沈着性肩関節周囲炎の場合は情熱鍼灸整骨院神戸垂水院で矯正をお受けになる前に、きちんと病院で医者の診察を受診していただくことが必要となります。

情熱鍼灸整骨院は神戸の街中に3つも店舗があり、四十肩・五十肩の不調で悩んでいるお客様を施術してきたノウハウを持っております。四十肩・五十肩でお困りの方はぜひ 神戸市垂水区 情熱鍼灸整骨院の肩関節専門の矯正施術を受け効果を実感して下さい。

四十肩・五十肩の治療目標を決めています| 神戸市垂水区 情熱鍼灸整骨院

四十肩、五十肩は名前が違うので症状も違うと思われがちですが、実は「腕をねじるなどすると出る痛み」「洋服を着る時に思う様に腕が上がらない」「夜になると肩が痛くなってなかなか眠れない」などの不調は同じで、年齢によって呼ぶ名前が四十肩、五十肩と変わっているだけなのです。

四十肩、五十肩はある時唐突に肩の動かせる範囲が狭くなり思う様に動かせなくなるということで知られていますが、早い時期に改善することが早期改善にとても関わってきますので少しでも動かせないなと不調を感じた時点ですぐ当院に来られるのを推奨しています。

肩の痛みは姿勢を整えることによって解消できますが、肩を動かすことのできる範囲を本来動かせていた幅まで戻すにはある程度の期間がかかります。

四十肩、五十肩はお客様お一人お一人にとっての「痛みをなくしたい」「元の状態に戻したい」「服を着られるようになりたい」などのゴールの目標が違いますので、どういう状態になりたいかによって通院する期間も変わってきます。

神戸市垂水区 情熱鍼灸整骨院神戸垂水院はお客様のお話を丁寧にお聞きした後で、治療する期間を決め、治療計画を作り施術を行っていきます。

神戸市垂水区ジェームス山:情熱鍼灸整骨院 神戸垂水院の四十肩・五十肩専門治療!初回体験料8000円が3500円!

症例 | 神戸市垂水区ジェームス山 情熱鍼灸整骨院 神戸垂水院

  • 神戸市垂水区小束山本町 50代 女性 五十肩腱板炎

    長年の運動不足により筋力の低下が目立つ。肩関節の可動域は屈曲80度、外転60度、外旋20度とかなりの制限があった。日常生活では衣類の着脱と睡眠時の寝返りで起こる激痛による睡眠不足で悩んでいた。母の紹介で情熱鍼灸整骨院に来院した。まずは基本の10回治療からスタートした。5回目の治療で可動域は屈曲110度、外転80度、外旋30度に変化し、10回目の治療では屈曲140度、外転110度、外旋40度に改善し、日常における睡眠不足が解消した。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 神戸市垂水区友が丘 40代 女性 四十肩長頭腱炎

    デスクワークと車の運転で手を使うことが多い。左腕の前腕部の筋肉の緊張が強く、左上腕二頭筋長頭腱部の圧痛が著明に出る。手のひらを上にして物を持つ時と運転中に後ろの物を取る時に肩の前方に痛みを感じる。看板を見て情熱鍼灸整骨院に来院した。猫背で姿勢が悪く、肩関節が前方にズレて、屈曲に抵抗があった。肩関節矯正で正しい位置に戻し、背骨矯正で姿勢を改善させた。長頭腱にハリをして炎症を抑え、左腕の筋肉の緊張をマッサージでとった。全6回の治療で完治した。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

神戸市垂水区ジェームス山 情熱鍼灸整骨院神戸垂水院|患者様の声

  • 四十肩 神戸市垂水区千鳥が丘 40代 女性

    四十肩で肩が動かなくなり、四十肩専門治療を受けました。
    情熱鍼灸整骨院神戸垂水院で四十肩も五十肩も症状は同じで、肩の周りの筋肉の炎症が原因と教えて頂きました。
    四十肩専門治療で痛みがひき、肩が上がるようになり、通院するのが楽しくなりました。これからもよろしくお願いします。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 五十肩 神戸市垂水区福田 50代 男性

    情熱鍼灸整骨院神戸垂水院に通院するまで五十肩の激痛があり、生活や仕事に支障がありました。
    五十肩専門治療を受けると痛みは先になくなりました。
    五十肩の治療を根気よく続けた結果、肩関節の動きも正常に戻りました。
    五十肩を早く治したい方にはお勧めです。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 五十肩・腱板炎 神戸市垂水区王居殿 30代 男性

    肩が痛くて病院に行くと腱板炎と言われ、治療をしましたが何年も痛みが取れなかったので、情熱鍼灸整骨院神戸垂水院の腱板炎専門治療を受けました。
    肩関節の矯正を受けると腱板炎が嘘のように改善し、肩を回しても痛みが出なくなりました。
    ありがとうございました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。